盗聴器は素人でも探せるか?隠し場所として多いのはどこかを紹介

まず気になる点が盗聴器は素人でも見つけることは可能かどうかではないでしょうか。確かに危機管理意識を高く持つことで、多少は自分の回りの異変に敏感になることは出来ます。普段は見ないような人目につかない所を探してみると盗聴器を見つけることは出来るかもしれません。
ですがそれが1つだけとは限りませんし、1つ見つければ当然不安は大きくなってしまいます。それに素人が自分で出来る危機管理にはどうしても限界があるので不安を解消する為にはプロに任せることをお勧めします。
盗聴器の捜索は探偵事務所などで行っていて盗聴だけではなく盗撮器などが仕掛けられている場合があります。ちなみに盗聴器、盗撮カメラを見つける為のポイントはコンセントや視界に入っていても注意しない所や家電製品の裏側などの死角となる所を重点的に探すことです。
盗聴器の隠し場所として多いのがコンセント、延長コード、冷蔵庫の隙間、腕時計、プレゼントされたぬいぐるみの中、固定電話の本体、子機、鉢植えの鉢、テーブルの裏側などの目に付きにくい場所です。ですが近年は盗聴器の小型化が進んでいて目視で発見するのは難しいと言えます。なのでプロが捜索する際には盗聴器を発見する専用の道具を使用しています。